エステ脱毛で毛が濃くなることがある?!

「綺麗になるんだ!」とワクワクして受けたエステ脱毛。なのに、なぜか前より太くて濃いムダ毛が生えてきてビックリしたことはありませんか?

 

これは「硬毛化」と呼ばれる状態で、エステにおけるフラッシュ脱毛、クリニックで行われるレーザー脱毛、どちらでも発生してしまうことがあります。嫌ですよね。その原因と対策を見てみましょう。

硬毛化の原因は?

硬毛化を引き起こす理由として、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の処理がムダ毛の毛根に刺激を与えてしまい、活性化させてしまうことがあるのではないか、と考えられています。これらの脱毛方法で使用する装置は黒色色素に反応することにより、毛根部分に集中して熱エネルギーを当てています。

 

発達した毛根はそれでよいのですが、未発達な毛根は黒い色素がさほど含まれていないため、脱毛するほどの強力な刺激が加わらず、かえって毛根の活動を活発化させてしまうことがあります。これにより、硬毛化が発生するのだろう、という説が有力です。また、硬毛化はムダ毛が太く濃くなることを言いますが、ほかに「多毛化」と呼ばれる現象もあります。一つの毛穴から複数のムダ毛が生える(以前より増えてしまう)のです。

 

硬毛化の発生しやすい場所

一口に硬毛化といっても、発生しやすい場所・しにくい場所があるようです。もともと生えるムダ毛がうっすらとした産毛であるような箇所で、硬毛化は発生しやすくなります。例えば、腕や肩、胸、お尻、背中、うなじといったような箇所です。反対に、はじめから太くて濃い毛の生えやすい場所、すなわち脇や脛、VIOなどではあまり発生しないようです。

 

硬毛化の対策は?

もちろん、エステでも硬毛化対策は行なっています。方法は幾つかあるようですが、主に使われているのは、普通の脱毛より強い刺激を与える方法です。よりしっかりと確実にムダ毛の毛根を刺激し、脱毛精度を高めることができます。硬毛化が進んでしまっていたとしても有効です。

 

また、ピンポイントの脱毛で使われるニードル脱毛が有効な場合もあります。硬毛化の範囲が狭かったり数本だけだったりするケースには特に適しています。このほか、初めから硬毛化に対する保証を備えているエステもあるようですので、気になる場合は聞いて見ましょう。