脱毛エステの光脱毛は日焼けNG!日焼けをしない対策を!

エステで脱毛する際には、エステシャンから肌のトラブルを避けるために様々な注意を受けるでしょう。いくつかあるうち、最重要ポイントが「日焼けをしない事」です。ムダ毛が気になるのは春から夏ですよね。脱毛してすぐに海に遊びに行ってしまう人もいるかもしれませんが、それは厳禁です。

 

いくら現在の脱毛法が肌に優しい技術であっても、脱毛直後は肌が敏感になっていて、そこに紫外線を浴びてしまえば、色素沈着やシミなどのトラブルがおきやすくなるのです。脱毛直後の肌のケアはエステでもすると思いますが、自宅でもしっかりとケアを行い、紫外線の影響を最低限に抑えるような日焼け対策を行う事が重要です。

 

日焼け止めクリームは脱毛後には必須

紫外線対策の代表的なものといえば、日焼け止めクリームですよね。現在は多種多様な日焼け止めクリームがありますが、どれでも良い訳ではなく、脱毛後用に選ぶのなら少し注意が必要です。日焼け止めクリームを選ぶ際には、UVカット効果が高いものが選ぶポイントになりますが、UVカット効果が高い商品は、刺激が強い成分が含まれている事が間々あります。

 

また、ウォータープルーフ効果が高すぎて洗顔では落としきれなかったり、というデメリットもあって、脱毛後の肌にとっては逆効果な場合もあるのです。そう考えると選ぶのは中々難しいのですが、UVカット率が高くとも肌に低刺激の日焼け止めクリームを選んで、紫外線の影響を最小限に抑えるのがベストです。

 

それから、脱毛当日に日焼け止めクリームを塗ったまま脱毛するのは止めましょう。光脱毛法を採用しているエステがほとんどですが、日焼け止めクリームに含まれている成分が光脱毛の効果を半減させてしまいます。またその反対に、肌に当てる光が日焼け止めの成分に反応してその部分がトラブルを起こす事も少なくありません。

 

脱毛前の日焼けも厳禁

脱毛直後の日焼けが厳禁なのは、理解できますよね。では脱毛前なら大丈夫かというと、それも厳禁なんです。脱毛を行う前にも日焼けしてしまうと色々トラブルが出る可能性がアップするのが原因で、例えば光脱毛法で脱毛する場合、光脱毛は毛根の黒い色素に反応し脱毛する方法ですが、日に焼けて黒くなった肌では光が散らばってしまい、本来の効果が出なくなってしまうのです。

 

もちろんそうなれば肌へのダメージも大きいですよね。エステで脱毛している最中の人、またはこれからしようと思っている人は、脱毛する日とその前後は紫外線対策をしっかり行って、日焼けしないよう重々注意しましょう。