タトゥーがあると光脱毛を受けることができません。他の方法は?

体にタトゥーがある場合、エステでの光脱毛は受けられますか?

 

今やおしゃれの一つとして若い方を中心に広がっているタトゥー、体にタトゥーがある場合、エステでの光脱毛が可能かどうか知りたい方も多いようです。タトゥーのある方はエステで光脱毛を受けることは事実上無理になっています。今回はその理由はタトゥーのある方でも出来る脱毛処理の方法などについてまとめてみました。

タトゥーのある箇所に照射することは出来ません


エステでの脱毛処理は光脱毛という方法を用いていますが、これはどのようなはたらきをするものかご存知ですか。光脱毛の場合、特殊な光を用いて、皮膚の色の濃い部分を狙って照射することになります。黒い色とはすなわちムダ毛、このように光脱毛は体毛の色に反応することで処理を行います。

 

これはつまり皮膚にある他の黒い部分にも反応するということを意味しています。ほくろや色素の沈着がある方に対しては、まずこれらの治療を行い、そのあと光脱毛を行いますが、これは光の照射により、皮膚にダメージを与えないため。皮膚に色素の沈着がある場合は、光脱毛は受けられないということになります。

 

タトゥーに関しても同様で、皮膚の他の部分よりもタトゥーのある部分は色が濃くなっていますので、照射を受けると皮膚に炎症を起こしたり、タトゥーが損なわれるなどのトラブルが発生するといわれています。色素の沈着のある部分に光照射を受けると、非常な痛みを覚えますので、タトゥーのある方はこの方法で脱毛処理を受けることは出来ません。一般的にタトゥーの彫られた部分とその付近5センチの部位には、光脱毛をしないことになっています。

 

タトゥーのある方でも出来るニードル脱毛とは?

タトゥーのある方でも受けることの出来る脱毛処理が、ニードル脱毛になります。ニードル脱毛は光脱毛が行われる以前によく行われていた方法で、毛穴を一つずつ針で処理していく方法になります。この方法のデメリットは非常に時間がかかること、そして人によっては激痛を感じる場合があるということです。

 

ただしメリットもあり、光脱毛の行えない部分を丁寧に細かく処理できます。ニードル脱毛の場合は光脱毛よりも多くの回数と時間がかかってしまいますので、時間に融通の効く方でなければ、難しいかもしれません。いずれにしろ、体にタトゥーのある方は、まずはカウンセリングを受け、出来る方法と出来ない方法をきちんと確認することが必要です。