脱毛施術後によくある肌トラブルを紹介

エステ脱毛は、自己処理に比べて肌へのダメージが少ないとされています。ですが、場合によっては、脱毛施術を受けた後、肌にトラブルが出てしまうことも……。

 

そこで下記に、脱毛後に起きやすいトラブルとその対処法をまとめました。参考にしていただけましたら幸いです。

 

赤みが肌に出る

脱毛直後、肌に赤みが出ることがよくあります。エステ脱毛で主に採用されている「光脱毛」は、光のエネルギーで毛根にダメージ与え、脱毛を促すという方法。光は毛根の色素に反応しますが、肌にも日焼けのようなダメージを与えてしまうことがあり、人によっては、それが赤みとして肌に現れてくることがあります。ただ、これは一時的なものなので、慌てる必要はあまりないでしょう。

 

たいてい1日から1週間ほどで赤みはひいていきます。ですが、痒み・痛みを伴う場合には、肌を鎮静化するため、冷やしタオルなどで冷やすと良いでしょう。脱毛後の肌は、熱がこもった状態ですから、まずはその熱をクールダウンさせることが症状緩和に効果的なのです。それでもなお症状に改善がみられない場合は、施術を受けたところに相談し、医療機関を紹介してもらうことをオススメします。

 

 

毛嚢炎になる

毛嚢炎は、毛穴周辺に起きる炎症のこと。脱毛施術による肌ダメージ・炎症に対して、免疫反応が過剰に起きてしまった場合に、この毛嚢炎は起きやすいと言われています。これも、軽度であれば自然治癒にまかせておいて大丈夫。

 

ですが、あまりに症状が長引く・症状が繰り返すようであれば、やはりエステサロンに相談し、皮膚科を紹介してもらうようにして下さい。また、毛嚢炎を避ける(症状を軽く抑える)ためには、自ら意識的にケアを行うことが大切です。脱毛後の保湿ケアを怠らないようにし、食事や睡眠をしっかりとって体力・免疫力をつけておきましょう。

 

 

黒ずみになる

脱毛施術を受けた後、肌に黒ずみが出ることがあります。これも脱毛施術による肌ダメージに対する身体の過剰反応のひとつ。ダメージから肌を守ろうと、メラニン色素が多量につくられてしまうことがあるのです。黒ずみが気になる場合には、エステに相談し、美白ケアなどを脱毛と併用すると良いでしょう。

 

 

脱毛施術は、安全性の高いものです。
しかし、いくら安全といっても、肌に一時的にダメージを与える施術。ですから、脱毛後には、皮膚や体に負担をかける行動を避けるなどの注意が必要です。具体的には、少なくとも脱毛後1〜2日「熱いお風呂に入る」「ゴシゴシ身体を洗う」「激しい運動」「紫外線を浴びる」といった行動を避け、肌をいたわってあげましょう。

 

そうすれば、脱毛の仕上りもグッとよくなります。